ゆうう兄のまったり奮闘記

ゲームしたりイラスト描いたり、まったりと更新してます。

ブレスオブザワイルドを一通りプレイしてみた感想【ゼルダ】

f:id:yuu-tunamayo:20170427234807j:plain

 どうも、最近は仕事の方も落ち着き、ゲームをする時間をしっかりと確保しているゆうう兄です。
3月3日、Switchと同時に購入し、今日まで少しずつ進めてきた「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」ですが、
...ついに!ガノンを倒しました!!
クライマックスは最高に燃えましたね...!!

 

さて今日までこのゲームを数十時間プレイした私が、今作をプレイして思ったこと、感じたことをずらずらと書いていきます。
ただし発売から1カ月以上が経過しているとはいえ、これからプレイする方もいらっしゃるかと思いますので、
ストーリー的なネタばれは避けつつ、書きたいと思います。

 

リンク

今までのリンクといえば「緑」がイメージカラーであり、プレイヤーも「緑の服」に「緑の帽子」という服装のリンクが
当たり前のようになっていたと思います。
以前にも書きましたが、今作は「ゼルダの当たり前を見直す」というコンセプトで制作されており、
今作のリンクはいろんな装備、武器を使用することができるようになりました。
これは個人的に大きな改革だったと思います。
場所や気候に合わせて装備を適したものに変えたり、時には敵や村人を欺くための変装に使用したり、
自由度が増し、ゲームの面白さを底上げしただけでなく、今迄のリンクのイメージを一新する事に成功したのでないかと思います。
リンクが最初から、最後まで緑の服を着ることがないなんて、いわばあの「マリオ」が赤い帽子もオーバーオールも
着るのやめちゃった!っていうレベルのお話ですからね。
(特定のamiiboを使用することで、いつもの装備自体は手に入れることができます。)
思い返してみると、WiiU3DSで発売されている「ゼルダ無双」のリンクのデザインも「青」が取り入れられていたので
その点も「ゼルダの当たり前を見直す」の布石だったのかもしれません。

 

ダンジョン

ブレスオブザワイルドには4体の「神獣」と呼ばれる文明の遺物が存在し、その中がいわゆるダンジョンになっています。
つまり主要なダンジョンは4つになります。
攻略してみて思った点は、神獣のダンジョンはデザインや出現するモンスターに統一感があり、謎解きも種類は違えど、
次第に目新しさは失われていきます。
これはオープンワールドを取り入れ、攻略に順序がないという今作の特徴でもあるのかなと感じました。
また神獣のダンジョンはシリーズ過去作品のダンジョンに比べると、ややボリューム面で劣るかなという印象を受けがちですが、
今作には神獣のダンジョンのほかに数多くのダンジョンが用意されています。
5分程度で攻略できるものから~30分程度かかるものも存在する「祠」と呼ばれるダンジョンが100以上存在していたり、
はたまたエリア全体がダンジョンのようになっている場所もあります。
こういったダンジョンはストーリーに絡んでこないものもあり、自分で地図を見て「あやしい」と思った場所を探してみたり、
ダンジョンの場所について村人がヒントをくれて始めて存在に気がづくものもあります。
ダンジョンでは武器が手に入ったり、リンクを強化するためのアイテムを手に入れることができるので、私は発見次第、攻略してました。笑
なので私自身、ボリュームが少ないなと感じたことはないですし、ストーリーをクリアした今も全てはクリアできていませんし、まだまだ時間がかかりそうです。笑

シリーズ初の「声」
イベントの時や、ストーリー進行中に流れるムービーには「声」があてられています。
ちなみにリンクはしゃべりません。
今までのキャラクターは挨拶や笑い声程度しか音声が入っていなかったこともあり、
この点はシリーズのファンも賛否両論のようですが、私は感情移入しやすくなり、臨場感も増していてとても良い!と感じました。

 

ゼルダ

f:id:yuu-tunamayo:20170427234757j:plain

かわいい・好き


まとめ

ほかにも書きたいことはたくさんありますが、まとめると「大満足」の一言ですね!
あの広い世界を散歩しているだけで時間を忘れてしまうほどでしたから、とても魅力的なやり応えのある作品だったと思います。
ガノンを倒した後も余韻に浸りながら1時間くらい散歩してましたからね。笑
また夏と、冬に追加コンテンツの配信も決定しているので、こちらも今から楽しみです。

 

以上、「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドゼルダを一通りプレイしてみた感想、でした!!