ゆうう兄のまったり奮闘記

ゲームしたりイラスト描いたり、まったりと更新してます。

【うさぎぱずる】怖くないホラーゲームで押してはいけないボタン押したら怖すぎた

f:id:yuu-tunamayo:20180302084625j:plain

2018.6.5 更新
だんだん暖かくなってきましたね。

ということで、たまにはホラーゲームやってみませんか?(謎)

ホラーゲームというと

「怖いのは無理」

「わざわざダウンロード or 購入してまで怖い思いするとかバカなの?」

なんて方もいますよね。

 

そんな方に朗報!今回ご紹介するゲームは、なんと「怖くないホラーゲーム」として話題になったゲームなんです!

その名もうさぎぱずる

「怖くないホラーゲーム」なんだから怖いはずがありませんが、ホラー系が本当に苦手だという方は念のため注意してくださいね。

 

「うさぎぱずる」について

f:id:yuu-tunamayo:20180302145544j:plain

私がこのゲームを知ったきっかけは、YouTubeで有名な「ポッキー」さんという実況者の方の動画でした。

 

この「うさぎぱずる」はWeb上で公開されており、ブラウザゲームなのでダウンロードする必要はなくブラウザ上で無料でプレイできます。

しかもPC/スマホ、どちらでもプレイ可能という嬉しい仕様。今回はスマホでプレイしていきたいと思います。

f:id:yuu-tunamayo:20180302084410j:plain
iPhoneだとこんな感じに表示されます

 

公開日・制作者様

2018年1月28日に「ホラーゲーム新時代」と銘打って公開されたゲームで、制作者は「ほっとフクロウ(作っちゃうおじさん)」というお方です。

 

遊び方・ルール

f:id:yuu-tunamayo:20180302144207j:plain

ステージに置かれたボールを、丸い穴の中に入れるというシンプルなゲームです。

ステージごとに穴の数、ボールの数は異なり、全てのボールを穴に入れるとステージクリアとなり、次のステージに進むことができます。

 

うさぎを穴の中に落としてしまうとゲームオーバーになってしまうので注意が必要です。ビリヤードみたいですね。

 

また、もうひとつ重要なルールが存在します。

それはゲーム中、ときどき「押さないでね!」と書かれたボタンが出現するが、決して押してはいけないというもの。

f:id:yuu-tunamayo:20180302144211j:plain

 

説明には

「絶対に押しちゃダメだよ!」

「押したら悪いことが起きるよ。いいつけを守って、ほんわか楽しいゲームの世界を楽しもう。」

と注意書きがあります。

 

...嫌な予感がしますね。笑

でもルールはルール、「絶対押さないぞ!!」と心に決めてプレイしていきましょう。

 

操作方法

f:id:yuu-tunamayo:20180302144200j:plain

うさぎのキャラクターをはじいて、ボールにぶつけることでボール移動させていきます。

 

PC
クリックしながら、任意の方向にドラッグして離す
スマホ
任意の方向にフリックで操作

 

実際にプレイ

さて簡単にご紹介し終えたところで、実際にプレイしていきます。

ステージはこんな感じ。ボールもウサギも滑るように動き、結構スイスイ進められます。

f:id:yuu-tunamayo:20180302144203j:plain
思ってた以上に穴ある

 

そして4つ目のステージに差し掛かった時、画面の右上に「押さないでね!」ボタンが表示されました。

f:id:yuu-tunamayo:20180302144314j:plain

めっちゃ押したい。

しかし数秒で消えてしまい、この時は押せず仕舞いでした。一度表示されてもすぐに押さないと消えてしまうようです。

 

 

押してみる【閲覧注意】

※ここからはホラーが苦手な方と、ネタバレを気にする方は注意してください。

5つ目のステージでも例のボタンが出現したので、やっぱり「自分の気持ちに正直になろう!」と押してみました。すると...

 

f:id:yuu-tunamayo:20180302144308j:plain

画面全体にノイズが走り、可愛かったうさぎのキャラクターも不気味な見た目に変化しています。聞こえていた愉快なBGMも、不穏な気配が漂うBGMに変わっていました。

 

f:id:yuu-tunamayo:20180302145544j:plain

その後タイトル画面に戻されます。うさぎも元に戻っていますが...。

 

...しかし、数秒後にうさぎの姿に変化が。

f:id:yuu-tunamayo:20180302144304j:plain

目と口が気持ちが悪いですね。

 

そして自動的にゲームが再開されるものの、今度は最初からさきほどの暗いステージから始まります。

 

そこで突然画面全体に恐ろしい目の群れが!(わらわら動く)

f:id:yuu-tunamayo:20180302084003j:plain

しかもゲーム画面だけにとどまらず、スマホの画面全体に表示されてちゃってます!

上にあった某携帯会社の広告も隠れちゃってますね。

 

画面が暗転したのち、突如サウンドノベル風のリアルな画像とテキストが表示されます。さっきまでのゲームは、この主人公の「幻覚」でたったいま幻覚から覚めた様子。

f:id:yuu-tunamayo:20180302144300j:plain

f:id:yuu-tunamayo:20180302144256j:plain

 

読み進めていくと、どうやらここは病院で主人公は病人のようです。

f:id:yuu-tunamayo:20180302144417j:plain

ヤバいなこのゲーム(褒め言葉)

 

そして始まる「怪奇都市伝説 アカズノハコ」

f:id:yuu-tunamayo:20180302144413j:plain

テキストを読み進めていくと突然「怪奇都市伝説 アカズノハコ」というゲームが始まります。本編キター

画面下にある鳥居マークをタップ(クリック)してスタート。

 

遊び方・ルール

f:id:yuu-tunamayo:20180302144409j:plain

「箱入り娘の遊び方」と書かれた画面が表示され、ルールを確認することができます。

木枠の中にサイズの異なる複数のピースが設置されており、1つずつスライドさせて「娘」と書かれたピースを下の出口まで持っていけばクリアのようです。

 

気になるのは「黒い服の女が殺しに来ます」の一文。赤く強調されています。怖

またパズルを解くほかに「前を見る」「逃げる」という2種類のボタンが存在します。

 

パズルを解きながら、時折「前を見る」で黒い服の女との距離を確認し、危なくなったら「逃げる」ボタンで距離を取る、という動作を繰り返しクリアを目指すというわけですね。

ちなみに「逃げる」は使用できる回数に制限があります。

f:id:yuu-tunamayo:20180302144404j:plain
ここから先は自身の目で確かめてみてください...!

 

追記:アカズノハコも全エンディング制覇してきました。

怖くないホラーゲームはうさぎぱずるまでで、正直アカズノハコは普通に怖いホラーゲームでした(笑)

アカズノハコについての解説・攻略を見る

www.yuuu-nii.com

 

感想

今回はご紹介ということで、未プレイの方を考慮し、ここまでとさせていただきます。

現在は「エンディングは4種類」と記載されています。各エンディングへのルート解説や攻略は下記の記事にまとめています。

 

【怖くないホラーゲーム】うさぎぱずるの4つのルート エンディングまで攻略

 

一通りやってみて感じたのは、

普通に怖い...!だまされた!

 

でもなんだか十数年前にプレイした「おもしろフラッシュ」を想起させるような、懐かしい感じがしました。しみじみ

みなさんももしプレイするとしたら、「押さないでね!」ボタンは絶対押しちゃダメですよ。

 

気になった方はぜひ実際にプレイして確かめてみてください。

hothukurou.firebird.jp

 

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました!

気に入ってくださった方は、読者登録やブックマークなどしていただけると嬉しいです。(励みになっています!)
よろしくお願いいたします!m(_ _)m

ゲーム-ホラー カテゴリーの記事一覧

www.yuuu-nii.com

www.yuuu-nii.com

 

ブックマーク・コメントありがとうございます。

>saekichiさん(id:saekichi
ホラー系苦手でなければぜひ...!

>なっちょちーずさん(id:nacho___cheese
押しちゃいますよね!テキストが完全にフリ(笑)

>40男子さん(id:yonjyoudansi
ボタン押さなければ普通のゲームですよ。ネタバレ編やりましょうか!

>fatpapaさん(id:fatpapa
タイトルで流れるBGMも一見陽気な印象を受けますが、音質の悪さも相まって聞いてると不安になってきますよね。

>ko-chさん(id:ko-ch
子どもの頃そういう類のflashのゲームやってトラウマになりました(笑)

>がいがーさん(id:gaigar2444
はじめまして!お読みいただきありがとうございます。がいがーさんのブログ、読んでいて「フフッ」となりました(笑)
私も覗かせていただきます、よろしくお願いいたします。

topへ戻る