ゆうう兄のまったり奮闘記

YUUU BROG -ゲームとイラストとWebデザイン-

【イベントレポ】東京ゲームショウ2019に初めて参加してきました【TGS2019】

2019年9月12日~15日に幕張メッセで開催されたゲームの総合展示会、東京ゲームショウ2019(TOKYO GAME SHOW 2019)に行ってきました!

ゲーム好きなブロガーさんにお誘いいただき参加することとなったTGS。

この記事では、TGS初心者の私が東京ゲームショウに初めて参加して驚いたことや、印象に残ったことなどを書いていきます。

会場の雰囲気などもゆるい感じでお伝えしていきますので、ご興味のある方は読んでみてください。

 

東京ゲームショウとは

  • 国内外の多数の企業が出展してゲーム等の最新情報を発信する
  • 各社のブースではゲームの試遊会や制作陣のトークショー等も開催される
  • 出演した芸能人等を交えたイベントもある(結構すごい人が来てる)
  • ステージイベントでは未発表の情報が初公開されることもある
  • 物販エリアがありTGS限定のグッズも販売されている
  • 来場者数はだいたい25万人くらいで、とにかく人が多い

前情報としてはこんな感じ。

人気ゲームの試遊をするとなると、開場の数時間前から並んで整理券を手に入れないといけません。

 

初めての東京ゲームショウ

TOKYO GAME SHOW 2019 入口のボード

今回誘ってくださったTGS上級者の方に教えてもらったポイントは以下の通り。

  • チケットはコンビニなどで事前に購入しておく(当日券売り場が混雑するため)
  • 昼食は買っておく(屋台やレストランが混雑するため)
  • 人気ゲームの試遊をするなら開場の2時間前までに待機列へ
  • グッズが欲しいなら開場後すぐに物販エリアへ(人気グッズはすぐ完売するため)

このアドバイスをもらっていなかったら、私の初TGSは悲惨なことになっていたと思います(自信あり)。

9月中旬とはいえど日中の暑さが心配だったため、飲料水も500mlのペットボトルを2本購入しておきました。今思えばこれは正解でした。

 

出発から会場入りまで

開場約1時間前の9時に会場に到着できるよう出発しました。

東京駅で京葉線に乗り換えて、幕張メッセのある「海浜幕張駅」を目指します。

ディズニーランドによく行く人にはおなじみのルートかもしれませんね。案の定、電車内はTGS・TDL・TDSに行く人でごった返していました。

 

東京駅から40分程度で海浜幕張駅に到着。時刻は8:40頃でしたが、人が多すぎてホームから改札階に降りるのに一苦労するレベル...!

改札を出ると幕張メッセに向かう人がたくさんいたのでとりあえず前の人についていきました。

途中、展示・試遊エリア方面と物販エリアの入場口で分けられており、今回は物販の待機列へ。

予定通り9時頃に入場待ちの列に並ぶことができました。

 

開場

9:40くらいから待機列が動き始めました。どうやらすでに入場が始まったようでした。

そしてついに...東京ゲームショウデビュー!

インディーズエリア

めっちゃ広い!!これで物販やインディーズエリアだというのだから驚きです。

物販やインディーズエリア

 

Fangamer物販

私がまず足を運んだのは、アメリカ・アリゾナ州に本社を構えるゲームグッズの会社『Fangamer(ファンゲーマー)』のブース。

海外のゲームやインディーズゲームのグッズを制作・販売を行っており、中でも「UNDERTALE」のグッズが人気です。

Fangamer(ファンゲーマー)物販

まずはここでお目当てのTシャツやフィギュアを購入!!

TGS限定グッズではないため急ぐ必要はないかなと思いつつも、10:15頃にはニンゲンフィギュア等の人気グッズの完売情報がツイッターに掲載され始めていました。(最初に行っててほんとによかった...。)

 

スクエア・エニックスブース

スクエア・エニックスブース

今年のTGSにおいて一番注目されてると言っても過言ではないスクエニブース!

FF7リメイクや、ドラクエ11S等の注目タイトルの試遊やフォトスポット等があり大変にぎわっていました。

試遊あきらめ勢の私は、ドラクエのフォトスポットの隣にあった「Marvel's Avengers(アベンジャーズ)」の展示へ。

おなじみのマーベルヒーローのゲームオリジナル衣装を間近で見ることができました!

アイアンマン
ゲームオリジナルということもあり、映画とは少しデザインが異なるアイアンマン

キャプテンアメリカとハルク
こちらはキャプテンアメリカ。奥にはハルクに変身するブルース・バナーの衣装も

 

バンダイナムコエンターテインメントブース

ウイングガンダムゼロ(EW版)とバルバトス

話題の最新作『CODE VEIN(コードヴェイン)』『ドラゴンボールZ KAKAROT』等を出典していたバンナムブース。

時間の関係上あまりゆっくり見て回れませんでしたが、どでかいウイングガンダムゼロ(EW版)とバルバトスも展示されていました。かっこいい...。

バルバトスの従来のガンダムっぽくない造形は結構好きです。(でもオルフェンズの中ではグシオンリベイクフルシティが一番好き)

 

CAPCOMブース

モンスターハンターワールド・アイスボーンで大盛り上がりのカプコンブース!

ステージイベント中は人が集まり過ぎて、周囲の通路がふさがれるほどの賑わいでした。

金獅子ラ―ジャン

写真は展示されていたハンター達のトラウマモンスター「ラ―ジャン」。怖ぇぇ...。

たまに黄色い照明が当てられた姿はまさに金獅子。2ndGでこいつにボコボコにされた思い出は忘れない。

 

スマブラプレイヤー スペシャルトークショー

タケヤ化学工業ブースにて13:00~おこなれたトークショーでは、スマッシュログ(スマブラSPトッププレイヤーが発信するゲーミングメディア)メンバーであるあばだんご選手、ライト選手、kept選手、Shogun選手、takera選手、キシル選手が登場しました!

これは絶対にみちあ13:00になる前からすごい人だかりができていました。

タケヤ化学工業ブース

初心者にオススメなファイターや、質疑応答を交えながらのテクニック解説等、聞きごたえのあるお話を聞くことができました。

途中”スマブラが存在しなかったら、今何をしていたか”というテーマのトークがあったのですが、一番印象に残っているのはtakeraさんの「総合格闘技」です。笑

 

おまけ:モンスターキューバリブレがもらえた

モンスターエナジーのブース

物販・インディーズの会場はホール9~11と呼ばれるエリアで、入口付近ではモンスターエナジーシリーズの『モンスターキューバリブレ』が配布されていました。

受け取った人は手の甲にスタンプを押されます。隣でモンスターエナジーグッズが当たる抽選会も行われていました。

 

おまけ:写真

Play Stationブース

企業展示エリア入口

イベントステージ

 

感想

初めてのTGS参加でしたが、ゲーム業界の熱を肌で感じることができとても楽しかったです!!

今回は初めてだったので最初から試遊等はあきらめて、自分の気になるブース・物販だけを回ってみることにしたのが正解でした。

また次回行く時のために、この日のことは教訓として忘れないようにしたいと思います。

 

  • チケットはコンビニなどで事前に購入しておく
  • 昼食は買っておく
  • 試遊をするなら始発で行く
  • 物販の人気グッズはすぐ完売するので注意
  • こまめに水分補給(ペットボトル2本くらい持ってくと◎)
  • 帰りの電車は15時くらいから激混み