ゆうう兄のまったり奮闘記

ゲームしたりイラスト描いたり、まったりと更新してます。

【最新版】2018年ニンテンドースイッチのオンラインが有料化!月額300円は高い?他のサービスと比較

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)オンライン有料化

2018年8月10日 更新
2018年9月からNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)でのオンラインプレイが有料化されます。

そこで、スイッチのオンラインが有料化するとどうなるのか?何ができるのか?料金は?など、改めて確認していこうと思います。

 

Nintendo Switch Online(ニンテンドースイッチオンライン)とは

ニンテンドースイッチでは、本サービスに加入することで対戦や協力などのインターネットを通じたオンラインプレイを楽しめます。

出典元:Nintendo Switch Online

 

これから購入する方は知らない方もいるかも知れませんが、ニンテンドースイッチでのオンラインプレイにお金がかかるようになるということですね。一部のソフトは対象外のようですが、基本的にはこの有料サービスへの加入が必要になるようです。

 

サービス開始時期

サービス開始時期について2018年8月10日にTwitterにて続報がありました。2018年9月後半から正式スタートとのことです。

 

実のところ無料期間が一度延長されており、最初期は「2017年秋」となっていました。延長の理由としては、品薄や転売が原因でユーザーに十分に行きとどいていなかったためではないか、といった理由が考えられます。

現在スプラトゥーンやARMSなどのオンラインプレイが無料でプレイできているのはニンテンドースイッチオンラインの「無料体験」にあたり、9月後半の正式スタートをもって終了となるようですね。

 

有料プランに自動的に加入することはない

9月後半のサービス開始以降、自動的に有料プランに加入することはないそうです。

4種類の料金プランの利用券のいずれかをNintendo eShop(ニンテンドーeショップ)などでご自身で購入し、使用しない限り料金を請求されることはありません。
(有料プランに加入しない限り、オンラインでゲームをプレイすることはできなくなります。)

 

【個人用】3種類の料金プラン

1アカウントで利用する場合は、3種類の料金プランが用意されており、プランの期間が長ければ長いほどお得な価格設定になっています。

家族で利用したい場合など、複数のアカウントでの利用を考えている方向けの「ファミリープラン」については後述します。

 

1ヶ月(30日間)
300円 (税込)
3ヶ月(90日間)
800円 (税込)
1年(365日間)
2400円 (税込)

 

スプラトゥーン、マリオカート、ARMSのような、オンラインプレイがメインのゲームをプレイしたい方は、3ヶ月か1年プランが良いと思います。

スプラトゥーンなどオンラインプレイをしたいなら「加入必須」3ヶ月、1年プランがオススメ

 

逆にゼルダの伝説ブレスオブザワイルド、ゼノブレイド2、マリオオデッセイなど、オフラインプレイがメインのゲームをプレイしたい方は、必要な期間に応じて1ヶ月毎に利用するのもアリだと思います。

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドなどオフラインゲームがメインなら「様子見して、プレイしたいときだけ1ヶ月プランなど」

ただし1ヶ月毎に加入するより1年まとめて加入した方が、年間で1200円(4ヶ月分)安くなっているので、「なんだかんだオンラインもやりそう」という方は、1年プランの方が結局お得かもしれません。

 

【最大8アカウントまで】ファミリープラン

家族で利用したいユーザー向けに、最大8アカウントまで利用が可能になる「ファミリープラン」も発表されました!

12ヶ月(365日間)
4,500円 (税込)

 

個人用プランの12ヶ月分の料金と比較しても、2アカウント以上であればお得な計算になります。家族でスイッチを利用するユーザーにはかなりお得かつ嬉しいプランですね!

ファミリープランの加入(購入)は18歳以上のニンテンドーアカウントに限られているようなので、18才未満のお子様と一緒に利用する場合は、親御さんのアカウントで加入する必要があります。

 

この料金は高い?

モヤモヤと悩んでいる犬

今まで無料でできていたことが、突然有料になると、正直「え、お金取るの...?」と不信感を抱く人が少なからずいると思います。

しかし「買ったらそれっきり」だった昔のゲームとは変わり、ゲームの定期的なアップデートやオンライン要素の充実から、「開発」以外に「運用」にもコストがかかってくるようになりました。

となれば提供するサービスに料金が発生するのは自然なことだと思いますし、オンラインプレイをしたい人だけ加入すれば良いだけなので、そこに不信感を抱くのはちょっと違うかなと思います。

 

PS4、Xbox ONEのオンラインサービスと比較

PS4、Xbox ONEと比較(モンスターハンター・ワールド※イメージ)

また、既にPS4や、Xbox ONEもオンラインプレイは有料のサービスになっています。

そこで他のオンラインサービスの料金を見てみると

 

PS Plus(PS4など)

1ヶ月
476円 +税
3ヶ月
1238円 +税
12ヶ月
4762円 +税

 

Xbox Live Gold(Xbox ONE)

1ヶ月(30日間)
842円 (税込)
3ヶ月(90日間)
2138円 (税込)
1年(365日間)
5378円 (税込)

 

こうして見比べると、ニンテンドースイッチオンラインは他のサービスよりひと月当たり200円~500円ほど料金が安いことが分かります。

しかし、これはあくまで値段だけを比較したもので、サービスの質や内容が異なります。

例えば「PS Plus」では加入すると以下のようなサービスを受けることができます。

 

  • オンラインマルチプレイ(対戦や協力プレイ)
  • セーブデータお預かり(オンラインストレージ)
  • 自動ダウンロード(更新データなど)
  • 自動トロフィー同期
  • フリープレイ(PS Store内の特定のゲームが無料)
  • ディスカウント(PS Store内の特定のゲームが割引き)
  • ゲームトライアル(PS Store内 体験版)
  • 先行体験(β テストへの優先参加や体験版の先行配信)
  • スペシャル(アバターやダイナミックカスタムテーマ無料)

 

スイッチにはない「オンラインストレージ」や、「フリープレイ」もFCのように昔のゲームではなく、PS3で発売された比較的新しいゲームもフリープレイに含まれていたりします。

単に料金が高いのではなく、サービスの内容に伴っているということですね。

2018年5月8日に公式サイトが更新され、ニンテンドースイッチオンラインにも「セーブデータお預かり」機能が実装されることが判明しました。故障時等にセーブデータの紛失を防ぐことができるようになります。
但し、一部ゲームを除く、と記載されていますので対象のゲームは確認しておくことをオススメします。

 

スマートフォン用アプリ『Nintendo Switch Online(ニンテンドースイッチオンライン)』

スマートフォン用アプリ『Nintendo Switch Online(ニンテンドースイッチオンライン)』キャプチャイメージ

ゲームとの連携サービス

プランに加入すると専用のアプリを利用することができるようになります。無料期間中の今だとスプラトゥーン2と連携して利用できる「イカリング2」が該当します。

「イカリング2」を例にすると、オンラインプレイの戦績の確認や、ゲーム内で使用できるギアの注文や、バトルのスケジュールを確認したりする事ができます。

 

Onlineラウンジ

ゲーム内の「Onlineラウンジ」で「ルーム」を作成し、フレンドをオンライン対戦などに招待して、そのままボイスチャットをしながらプレイすることができます。

他のメッセンジャーやSNSと連携して招待することも可能で、招待した相手にはスマホに通知が届くようになっています。

 

正直私はこの機能を1度も利用したことがないです。「Onlineラウンジ」→「ルーム作成」→「フレンドへ通知」という手間がかかり面倒だと感じてしまいます。

だって結局スマホ使うなら、LINEとかSkypeでこと足りますよね。

スイッチ本体にボイスチャット機能が追加されるとの噂もある様ですが果たして...。

 

この機能のメリットを一点だけ挙げるならば、LINE(ライン)やSkype(スカイプ)のIDや、コードを相手に教える必要がないということでしょうか。

「LINEは本名で登録してるから教えたくない」といった方でも、ゲーム内でフレンドになったプレイヤー同士でボイスチャットが可能ということですね。

 

ファミリーコンピュータ

ファミリーコンピュータ※イメージ(スーパーファミコンコントローラー)

懐かしのソフトを集めてニンテンドースイッチ用ソフトとしての提供が予定されています。

フレンドとのオンラインプレイにも対応しているそうで、現在告知されているゲームは以下の通り。

サービス開始時のラインナップ

  • アイスクライマー
  • サッカー
  • スーパーマリオブラザーズ
  • スーパーマリオブラザーズ3
  • ゼルダの伝説
  • テニス
  • ドクターマリオ
  • ドンキーコング
  • バルーンファイト
  • マリオブラザーズ

 

公式サイトには「2018年9月のサービス開始時のラインナップは20本と記載されており、上記の他に10本のタイトルの配信を予定しているようです。

また配信タイトルは定期的に追加されていくようなので、皆さんの思い出のゲームが配信されることも期待できますね!

すでにWiiUや3DSで配信されている「バーチャルコンソール」のソフトも収録されることが予想されますので、今もしダウンロード購入しようとしている方がいたら発表を待ってみるのもアリですね。

 

加入者限定特典

以前は「サービス利用者限定の割引価格」と記載されていましたが、2018年5月8日の更新の際に「加入者限定特典」と名称が変更されていました。

もともとは、ニンテンドーeショップにて、ニンテンドースイッチ用ソフトなどをサービス利用者限定の特別価格で購入することができるとのことでしたが、現在は「加入者限定の特典をご用意しています。」と記載されていますので、上記の割引のほかにも新しい特典が用意されているのかもしれません。

※割引額や、対象ソフトなどは未発表です。

 

関係ないけどスイッチにバーチャルコンソールを実装してほしい。

 

まとめ

対象
  • サービス加入者
  • 未加入
オンラインプレイ
ファミリーコンピュータ
セーブデータお預かり
Nintendo Switch Onlineアプリ(スマホ)
加入者限定特典
Switch本体の更新
ソフトの更新データのダウンロード
「ニンテンドーeショップ」の利用
フレンドの登録・管理
撮影したゲーム画面のSNSでのシェア
「Nintendo みまもり Switch」の利用

 

他サービスのような豪華な特典がないため、良心的な価格設定になっていると思います。

また「オンラインプレイできるだけでいいから安くしろ!」というタイプの人からすれば、むしろありがたいくらいかもしれません。

 

正式なサービス開始時期はわかりませんが、2018年3月で発売から1年なので、近いうちに詳細について発表があるかもしれませんね。

時期については「2018年9月から」と発表されましたが、9月1日からなのか、具体的な日付についてはまだわかりません。

その他の機能にもまだ不明な点が多いので続報を待ちましょう!

スプラトゥーンのフェスが無料でできるのもあと何回だろう...。

www.yuuu-nii.com

 

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました!

気に入ってくださった方は、読者登録やブックマークなどしていただけると嬉しいです。(励みになっています!)
よろしくお願いいたします!m(_ _)m

ブックマーク・コメントありがとうございます。

>eggheadoscarさん
id:eggheadoscar
他の内容についてはまだまだ明かされていないものが多いですからね。続報を待ちましょう。

>hitacさん(id:hitac
現在はサーバー型が一般的ですよね。P2Pにはあまり良くないイメージがありますし、実現できることなら対応してほしいところですね。

>futokoro3さん
id:futokoro3
正直そこまで減らない気がしてます。家族でプレイしていれば親が払うでしょうし。

>40男子さん
id:yonjyoudansi
ちょっともったいない気もしますが、これからモンハンもありますし!笑
私もPS4買ったら月々の出費が増えちゃいます。

>阿豆らいちさん(id:AzuLitchi
・すいみさん(id:swimi
やっぱり年払いですね。もし今自分が小学生だったらどうしてただろうか。

topへ戻る