ゆうう兄のまったり奮闘記

ゲームしたりイラスト描いたり、まったりと更新してます。

【フリーゲーム】和風ホラー影廊(かげろう)をやってみたら怖すぎた

f:id:yuu-tunamayo:20170807233638p:plain

毎年夏バテ気味に悩まされるゆうう兄(にい)@hara2_yusukeです。
私のような夏バテでいまいち調子が上がらない、元気が出ないという方に夏バテを忘れさせてくれるような涼しさを感じられる和風ホラーゲームを紹介したいと思います。

その名も
影廊(かげろう)!!

※ホラー系が苦手な方や未プレイの方を考慮して、敵の姿が映った画像は載せていません。(大事なことなので爽やかカラー)
※ステージやアイテムの画像などは載せています。
※個人的に怖いと思う画像は載せていないつもりですすが、暗い場所、ホラーがすごく苦手な方は念のため注意してください。

2017.10.04 アップデートについて更新しました

f:id:yuu-tunamayo:20170807233633p:plain

私はニコニコ動画、YouTubeで有名な「ガッチマン」さんという方の実況動画でこのゲームを知りました。今回はこのWEB上で公開されているフリーゲーム「影廊(かげろう)」についてご紹介したいと思います。
(リンクはこの記事の最後に載せておきます。)

無理だと思った人は他のゲーム記事がオススメ!笑

ゲーム カテゴリーの記事一覧へ
スプラトゥーン2ウデマエS+の友人に聞く、オススメのジャイロの操作設定
【ゼルダBOTW】超難関!?100%クリア達成に必要なこと!RTA最速記録
【任天堂】ミニスーパーファミコン発表!収録タイトルが懐かしい!名作揃い

ゲーム内容

f:id:yuu-tunamayo:20170807233649p:plain

公開日

2017年6月21日に公開されたゲームということで比較的新しいゲームとなっています。8月に入ってからも更新されているようなので、今も進化し続けているゲームです!

物語

夕暮れ時、人気のない住宅街を歩いている主人公はあるトンネルの前にたどり着きます。トンネルの奥は行き止まりになっており、引き返すとそこは元いた世界ではなくなっていました。

怪しい鳥居をくぐった先にあった「鏡」の力で、暗闇に包まれた謎の空間へワープしてしまいます。脱出を試みますが、そこには得体の知れない何者かが徘徊しており、主人公に襲いかかってくるのでした。

 

ゲームの目的・クリア条件

f:id:yuu-tunamayo:20170807233529p:plain

閉じ込められた謎の空間(ダンジョン)から脱出することがこのゲームの目的になります。プレイするたびにダンジョンの構造アイテムの配置敵の出現場所などがランダムで変化する仕様となっています。不思議のダンジョンシリーズを思い出しますね。

脱出するにはステージ内のどこかにある「勾玉」を5つ集めて、ゴールにある台座に納めなければなりません。

 

操作方法

WSADキー
前後左右移動
マウス操作
カメラ操作
左クリック
アクション(扉を開ける/アイテムを拾う/燭台に火をつける)
右クリック
選択中のアイテムを使用
Shiftキー
走る(スタミナ消費)
Ctrlキー
しゃがむ(物音を立てずに移動可)
スペースキー
後ろを振り向く
マウスホイール
アイテム選択

 

徘徊する敵(※画像なし)

このゲームにはプレイヤーの命を狙う3種類の徘徊者がいます。ゲーム内では1体を除いて、敵の名前が公開されていないので、特徴と対処法のみ記載しておきます。

徘徊者の詳細を(画像付き)で見る

ランナー

この「ランナー」のみ最初のゲーム説明で名前が登場します。常にダンジョン内を高速で走って移動している敵です(個人的にこいつが一番心臓に悪いです。笑)

視覚で察知してくるタイプの敵のため「ドタドタ」と大きい足音が聞こえてきたら、すぐさま部屋や物陰に隠れましょう。

逆に聴覚で察知することはないと思われるので、こちらが走って逃げても問題はなさそうです。

ランナーの詳細(画像付き)を見る

鈴の音の徘徊者

常に鈴を鳴らしながら、ゆっくりと移動する徘徊者です。近づくと「シャン...シャン...」と鈴の音が聞こえてくるので、鈴の音を耳にしたら聞こえなくなるまで距離をとるか、部屋や物陰に隠れたほうがいいでしょう。

主に視覚(聴覚も?)で察知してきますが、上記の「ランナー」に比べて察知能力が高いと思われるので注意が必要です。

鈴の音の徘徊者の詳細(画像付き)を見る

すすり泣く女

徘徊者のうち唯一自らダンジョン内を移動しない敵です。もはや徘徊者ではない。
聴覚が非常に優れており、近くを移動する際は必ずしゃがみ移動する必要があります。

またライトを彼女に当ててはいけません。

立ったまま近くを移動するなどして、プレイヤーが近くにいることを感じ取ると、泣き止んで「どこにいるの?」と周囲を見渡し始めます。この場合すぐにしゃがみ、彼女の気がそれるまで待ちましょう。

すすり泣く女の詳細(画像付き)を見る

 

登場アイテム

ライター

f:id:yuu-tunamayo:20170807233642p:plain

プロローグで入手できる一番最初に手に入れるアイテムです。辺りを照らすことができ、燭台に火をつけることもできます。燃料はなく無限に使用可能であり、 すすり泣く女の近くで使用しても、光を認知してこちらの居場所がバレることはありません。

ただし照らせる範囲については、後述のライトに比べて広くなっていますが、プレイヤーの周辺のみ(遠くは照らせない)となります。

ライト

f:id:yuu-tunamayo:20170807233512p:plain

ライターに比べて遠くまで照らすことができますが、範囲は直線的であり狭いです。またバッテリーが存在し、有限のアイテムとなります。

ライトを持った状態で新しいライトを入手すると、バッテリーが満タンになります。ライトは敵に向けると察知されてしまいます。

コンパス

持っている間ダンジョンのゴールの方角を教えてくれます。コンパスを持つ際はライトなど、ほかのアイテムを同時に持つことができないので注意が必要です。

爆竹

f:id:yuu-tunamayo:20170807233645p:plain

f:id:yuu-tunamayo:20170807233523p:plain

使用すると時間差で大きな音を発生させることができます。すすり泣く女の近くで使用すると、爆竹の方へ誘導することができます。有効に使用したいですね。

f:id:yuu-tunamayo:20170807233503p:plain

ダンジョン内で使用すると別の場所にワープすることができます(ランダム?)。ダンジョン内には複数落ちていることがありますが、数が少ないアイテムです。

拾った場合は敵に見つかった時など、ここぞというときに使用しましょう。

f:id:yuu-tunamayo:20171005234917j:plain

鍵のかかった部屋や、ドアの鍵を開錠することができます。

光石

f:id:yuu-tunamayo:20170807234543p:plain

青白く輝く石で、暗闇で光源として使用することができます。この光は敵は認知することができないので、敵から身を潜めている間の光源としての利用や、広いダンジョン内の目印にも使用することができます。

 

勾玉のある場所

f:id:yuu-tunamayo:20171005234929j:plain

毎回ランダムで配置されるので一概には言えませんが、「鍵のかかった部屋」「すすり泣く女の近辺」には勾玉がある可能性が高いです!

 

クリアまでの流れ

ひたすらにアイテムを集めつつダンジョン内をくまなく探索し、敵をやり過ごしながら進めていきます。

このゲームでは敵は倒すことはできません。徘徊者が近くにいる合図(鈴の音、足音、すすり泣く声)がした時は隠れるか、しゃがみ移動するなどしてやり過ごしましょう。

勾玉を全て集めてからゴールを目指すもよし、ゴールを確認してから勾玉を回収しに行くもよし、マップも毎回違うので完全な攻略方法はありません!笑

ちなみに作成者曰く慣れれば25分ほどでクリアできるそうですが、私の初プレイ時は1時間くらいの奮闘の末、見事ゲームオーバーとなりました。(慣れれば確かにスムーズに進行することができるようになります!)

 

今後のアップデートについて

配布元のサイトを確認してみました。私がプレイした頃から何度かアップデートされているようで、敵の挙動(AI)が修正されていたりするそうです。

また今後のアップデートにより、クリア後に遊べる「新モード」の実装が予定されているそうです!新モードの特徴としては

  • 高難易度設定
  • 新たなマップの追加
  • 新たな徘徊者の追加

さらに難しく、さらに怖くしてくるとかドS。

2017.10.04 更新

 

最後に

f:id:yuu-tunamayo:20170807233458p:plain

動画を見て本当に面白そうだと感じたゲームで、実際にやってみるとプレイ動画とは比較にならないほどの緊張感があります!!

正直めっちゃ怖いです...!!

興味のある人はぜひプレイしてみてください!
www.freem.ne.jp

この記事は自分で検索して知り得た情報と、私がプレイした体験談を元に書いています。間違いなどありましたら教えていただけるありがたいです!
また実際にプレイしてみたよ!といったご感想などもお待ちしております。

 

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました!

気に入ってくださった方は、読者登録やブックマークなどしていただけると嬉しいです。(励みになっています!)
よろしくお願いいたします!m(_ _)m

ゲーム カテゴリーの記事一覧

www.yuuu-nii.com

www.yuuu-nii.com